トップページ

7月19日~21日 <夏を楽しむ ! おもいで館保養参加者募集中>
  下の【トッピクス欄】参照ください。
  募集要項は【福島子ども保養→夏を楽しむ保養】を見てください。
 


おもいで館は廃校になった置賜農業高校玉庭分校を活用しています。
地元ボランティア有志が、廃校後の25年間、木造校舎と広い校庭を守って来ました。
地元の人たちの交流や県内外の人たちの合宿や田舎体験の拠点になっています。
今では年間約2000名が利用しています。

   

   募集要項は【福島子ども保養→夏を楽しむ保養申込】参照ください !
   




 詳しい募集要項や申込先は、このHPの「福島子ども保養→春を楽しむ」をご覧ください

 参加申し込み、定員の30名になりましたので締切ました。
 <<世話人 福島市 チームおおぬき>>




 春を満喫 石割桜を見学します



 
 おもいで館では、2011年5月より「福島のこども保養」を受け入れています。
 雪遊び週末保養の企画が大震災支援福島のNPO「シャーローム」と
 福島の子どもを救えNPO「ウシトラ旅団」で進められています。
 募集要項は【雪遊び週末保養】コーナーからご覧ください。

 
 折に触れ、「おもいで館の歳時」をお届けしています。
 雪に埋もれた(今年はやや少なく、積雪1.4m)玉庭とさいと焼き(どんと焼き)
 風景をお送りしています。【おもいで館】コーナーからご覧ください。

 
 最新号です !
 【トップ】コーナーからご覧ください。

 
 玉庭のお母さん達(玉庭農産加工センター)が作った手作りの郷土の味です。
 鮒は休耕田対策として、玉庭水田養魚研究会が飼ったものです。
 【おもいで館フェスブック https://www.facebook.com/omoidekan】、
 【おもいで館→おもいで館の歳時】よりご覧ください。

 
 川崎から冬の玉庭へ。
 芸術村あすなろの村人の会の演奏会です。
【雪遊び週末保養】コーナー、
【おもいで館フェスブック https://www.facebook.com/omoidekan】をご覧ください。
 尚、芸術村あすなろは【利用団体紹介】コーナーよりご覧ください。

 
 玉庭の恒例行事で第16回になります。
 上杉米沢藩の家臣が江戸から持ち帰った雛などを保存展示、10軒の民家をめぐります。
 【玉庭案内】コーナーからご覧ください。

 
 玉庭の奥座敷「玉庭いこいの里」伊藤代表から、
 「山里自然公園」についてお聞きしました。
 「玉庭案内→玉庭の奥座敷」コーナーからご覧ください。

 
 今回9団体を紹介しています。順次紹介してまいります
 【利用団体紹介】コーナーからご覧ください。

おもいで館 http://omoidekan.net/wp  
 

 

 

 






















  ホームページの問合せメールはこらから