分校の歴史




村の青少年教育
昭和二十五年前後の玉庭村では、玉庭村教育協議会を設置して、青少年の教育について協議された。「在村する青年男女を全部就学させ、二年程度で終了させる教育の場」として、「玉庭興農学校」が創設されました。当時の「青年学級」というものでした。
県立小松農業高等学校玉庭分室として
「玉庭興農学校」を母体として、「玉庭の地域と勤労青少年の実情にそった教育のあり方」が模索されました。昭和二十五年四月、県立の分室として、昼間定時制で開設されました。
村役場の旧庁舎が教室
教室は三部屋で、常勤講師二名、生徒は八十六名というスタートでした。
「分室として開設」された学校も、地域の人たちの「分校に昇格を」という運動が高まりました。
県立置賜農業高校玉庭分校へ
昭和二十八年、小松農業高校が「県立置賜農業高等学校」と校名変更されると同時に「玉庭分校」として正式に認可されました。
翌二十九年には、地元の人たちの総力で現在の独立校舎をつくりあげました。
独立校としての風格
学科改編、作物畜産実験室の落成、男女寄宿舎完成、畜舎落成と名実ともに独立校の風格を備えました。
閉校
めまぐるしく変転する社会の中で、学科の減少、生徒数の減少が著しく、現状を維持していくことが難しいことから、昭和六十一年生徒募集停止、六十四年三月に閉校となりました。
「晴耕雨読」の記念碑を残して四十年の幕を閉じました。
在りし日の歌  『晴耕』置賜農業高校玉庭分校の歴史より
   
    
           グランドにて(S36年度卒業生)  
玉庭分校校歌 
   
  雲白き柏木原に     仰ぎみよ玉庭分校   夢もちて意気にあふるる     若人の集いは比処ぞ   究めゆく技と行い     誇り高くゆかん   この学び舎に     
  
  ■創設当時の感慨を語る 元玉庭村長 高橋 豊 

 地域の発展は、何といっても教育が基本です。玉庭という私達の郷土を、開発発展させようというならば、この郷村に根ざした、独特の青年教育施設が為され、その教育が、清純な熱情を以て、運営されることが先決問題であると信じます。

 昭和二十一年、柏ノ木原の一角に玉庭青年教育用施設用地として、約一町歩の土地を、村営グランドの名目にして残しました。
僅かその後の数年にして、置賜農業高校玉庭分校の校地並びにそのグランドになりましたことは誠に有り難いことだと思うのであります。

村長に在任中の私としては、私の理想とする「二ケ年を以て終了する農学校」とし、「在存する男女青年を全部就学せしめる」形態にできないものかと、置賜農業学校の先生たちと色々研究し合いました。

(創設十年の歩みからの抜粋です)


     


 トップに戻る